• ホーム
  • クラミジア感染症の再発割合とクラミジア検査の薬剤師

クラミジア感染症の再発割合とクラミジア検査の薬剤師

クラミジア感染症は一度投薬治療を行ってクラミジアを完全に死滅させると、再度そのクラミジアから症状が出る事はありませんが、クラミジア感染症の再発の割合は決して少なくないです。
その再発原因の一つに、投薬治療の不完全という事があります。
というのも、クラミジア感染症は有効性がある治療薬を2週間程度服用すれば、完治できる場合があります。
当該薬は、人や症状の程度によって投薬期間は調整されます。

クラミジア感染症に有効な治療薬はテトラサイクリン系・マクロライド系・ニューキノロン系の抗生物質もしくは、抗菌剤ですが、この治療薬を使用すると、数日でクラミジア感染症の症状が出なくなる事があります。
その場合に、クラミジア感染症の罹患者の判断で治療薬の服用を止めてしまう事がクラミジア感染症の再発原因の一つです。
この場合に、クラミジア感染症の治療薬の使用上の注意を説明しクラミジア感染症の罹患者に理解してもらう必要があります。

その場合に、医師からの説明も大切ですが、薬剤師の治療薬の説明というのも大切です。
というのも、医師はクラミジア検査において目視で患部を見て更に、患部から体液を摂取して、罹患の事実を確認して、使用する治療薬を決定するのが主な役割です。
その後、薬剤師は患者が持ってきた処方箋をもとに薬を出します。

その場合の治療薬の薬についての説明が薬剤師の主な役割です。
医師が、診察・治療薬の決定を完璧に行っても、薬剤師が治療薬の説明を完全に行います。
当該治療の際に治療薬の服用を行った場合に、クラミジア感染症の症状が出なくなっても、クラミジアを完全に治療薬により死滅させる必要があると説明を行います。
しかし、クラミジア感染症の罹患者が当該事項について完全に理解しないと、クラミジア感染症の治療は、完全な治療にはならずに、再発する事があります。

関連記事