• ホーム
  • クラミジア検査と下痢の症状やそのリハビリについて

クラミジア検査と下痢の症状やそのリハビリについて

性病にかかると下痢となるかについては、主に性病は性器の異常をきたすべき症状となるのが一般的で、下痢といった症状が現れることがほとんど存在しない点があります。
そのため男性で下痢の症状が起こったから、性病に感染していると判断することは早計となります。

特にクラミジアに関しては、性行為を原因として感染する性病の一つですが、男女ともに目に見えての症状が現れにくい特徴があります。
そのため感染が疑われる性行為をした後にたまたま下痢をしたことで、即座にクラミジアに感染したと断定することも難しいです。

実際にクラミジアに感染したかどうかについては、クラミジア検査を行うことで判明することも多いため、心配であればクラミジア検査を行うことが重要となります。
クラミジア検査は、リハビリ病院や性病を扱う医療機関でも実施されていますが、検査キットも存在するので、それで行うことも可能です。

実際にクラミジアで下痢の症状が起こることは少ないですが、下腹部の痛みが発生することで、それが腹痛にも繋がり、腹痛の症状から腹が下り下痢をするケースも稀にあります。
つまり感染力が強いクラミジアなら、そういったことが起こり得る可能性は否定できません。

クラミジアを直接的な原因とするものではないが、下腹部の痛みが間接的にそのまま下痢に繋がることもあり得ます。
従って、クラミジア感染の疑いのある性行為をした場合には、早期に検査をすることで発見して対策を行うことが肝要です。

また仮にクラミジアに感染したことが判明した場合には、抗生剤の存在があるため、それを規定量服用することで治癒させることができます。
なお治癒後のリハビリをしっかり行うことも大切となるため、下痢をし続ける場合は注意を要します。

関連記事