• ホーム
  • クラミジア検査をしたことがある若者の割合

クラミジア検査をしたことがある若者の割合

病原体

クラミジアは国内だけでも100万人の患者がいるといわれる性病です。
特に10代や20代など若い年代での感染者が目立っているのですが、そのほとんどの原因が性行為と言われています。
クラミジアは性器クラミジアと咽頭クラミジアに分かれるのですが、そのどちらもコンドーム無しの性行為で簡単に感染してしまいます。
そしてこれだけ簡単に感染し、感染者数が多いにも関わらず、クラミジア検査を受けた事がある若者の割合が少ないのも厳しい現実です。

クラミジア検査を積極的に受けない理由は様々で、まず第一に考えられるのが、感染しても症状が全く出ない人が半数ほどいる事です。
もし自覚症状があるとすれば、男性なら尿道のかゆみや不快感、女性ならおりものの増加や下腹部痛といった症状が現れます。
特に女性の場合は、ホルモンバランスの乱れなどによっても起こる症状であるため、自分がクラミジアに感染しているとは思っていない人もいるのです。
また「もしかしたら病気を貰ったかも」と感じても、恐いや痛い、恥ずかしいといった思いから、検査を受けに行きたくないと考える人もいます。

クラミジアは症状が軽いだけに軽く考えてしまいがちですが、症状が軽い場合でも人に感染させる威力はあり、コンドーム無しの性行為を続ける事によって、恋人や配偶者、その他不特定多数にどんどん感染させてしまう事になります。
また症状を放置した結果、男性・女性ともに将来的に不妊の原因にもなったりします。
そのためにも何かしらの異変や不安行為があった場合は、念のために検査を受けておく事が大切です。
クラミジア検査は男性は泌尿器科で採尿での検査、女性は産婦人科で膣分泌物を採取しての検査が行われます。
感染がわかっても、内服薬を一週間も飲むと完治する事が出来るので安心です。

サイト内検索
最近の投稿
    アーカイブ