• ホーム
  • クラミジア検査をせずクラミジアに気付かずにいた場合

クラミジア検査をせずクラミジアに気付かずにいた場合

考えている女性

クラミジアは性病のひとつで、正しい治療を行わないと、知らず知らずにパートナーに感染させるリスクがあります。
また、そのままにしておくことで、日常生活に影響を与えるような深刻な症状となることもあります。
その事からも、異変を感じた場合は検査を受けることが大事なこととなります。
クラミジア検査は泌尿器科において受けることができます。
また、簡易検査キットを活用することもひとつの方法です。

ただ、性病にはさまざまな種類があり、検査キットのみの判断では不十分とも考えられるので、医療機関を受診することが大事と言えます。
クラミジアは菌に感染してから潜伏期間が1週間から2週間ほどあります。
その期間は症状がないことから感染しているかどうか、分からないこととなります。
もし、パートナーに異変があるようであれば、検査を受けていなくてもクラミジアに感染している可能性があります。
また、クラミジアは風俗店で感染することが多いことから、風俗店を利用した場合は気になる症状が現れなくても医療機関を受診することで検査してもらうことが大事です。

症状が出ないということもあります。
ただ、症状が出なくても、感染したクラミジアの菌が体内から排出されたとは限りません。
菌が体内にある以上、他の人に感染させるリスクがあるということです。
クラミジアは感染すると恥ずかしいと思う人もいると考えられますが、パートナーのことを考えれば、リスクがある行為をしたならば、検査を受けることが大事です。
そのため、自己判断をせずに、症状がなくとも気になることがあるならば、クラミジア検査を受けることです。
もし陰性であれば安心することができますし、仮に感染していたことがわかれば、正しく治療をすれば良いだけです。

関連記事