• ホーム
  • 最初無症状の性病もクラミジア検査で甲状腺炎症を予防

最初無症状の性病もクラミジア検査で甲状腺炎症を予防

カプセルと葉

クラミジアを原因とする性病があります。
例として、咽頭クラミジア・性器クラミジア等の性病があります。
このクラミジアが原因の性病は日本で最も多いと言われており、罹患者は若い女性が多いとされています。
咽頭クラミジアの場合には、咽頭にクラミジアが感染した事により罹患します。
クラミジア感染の性病の多くは最初は無症状の事が多いです。
しかし、当該性病を治療しないと、クラミジアによる人体の蝕みは進行しています。

咽頭にクラミジアが感染している場合には、甲状腺の炎症を起こす場合があります。
甲状腺の炎症が起きると、喉の熱感・痛み・腫れ等の症状が出ます。
喉の炎症というのは、それほど珍しくないですが、性病の原因菌が原因とする事もありますので注意が必要です。
喉のトラブルですぐ直らなかったり、その喉のトラブルの原因について思い当たらなかった場合には、クラミジアが咽頭に感染している可能性を考慮すべきです。

クラミジアは性病ですが、単なるキスやオーラルセックス等で男女間の性器の接触がなくても当該性病には罹患します。
従って、普通のセックスを行ってなくても、感染している可能性はあります。
当該クラミジア感染を治療せずに放置すると、更なる病気を招いたり、エイズ等の他の性病の罹患確率を上昇させる事がありますので、早期治療が必要です。

そのクラミジア感染の早期発見に欠かせないのがクラミジア検査です。
クラミジア検査は、日本で多くの患者がいる性病ですので、郵送での匿名で行えるクラミジア検査というのも行う業者も少なくないです。
アマゾンや楽等でも普通に検査キットを購入してクラミジア検査を簡単に行えます。
但し、郵送の場合には、性病検査精度は医師の診察より落ちる場合があります。

関連記事